通風の症状と食生活

痛風は激しい痛みを伴うので発症すると大変苦しみます。ここではそんな痛風の症状や予防法、又、薬や痛風を改善する食生活について説明していきます。

サイトトップ > 痛風の原因

スポンサードリンク

通風の症状と食生活

痛風の原因


痛風で悩んでいる人はかなり多いようですが、この痛風は、高尿酸血症を原因とした関節炎のことで、病名の如く、痛みがまるで風が吹くように手、足、膝、腰、肩、肘など身体中を移動します。痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返すのも特徴です。


痛風での関節炎は、関節包内に析出した尿酸結晶の炎症反応ということで、高尿酸血症がその原因の一つとされているわけですが、実際にはこの原因による患者が全てというわけではなく、別の原因についても研究が進められているようです。


尿酸とはプリン体と呼ばれる物質の代謝産物のことで、最近ビールでもプリン体カットというキャッチフレーズがありますが、普通のビールにはもともと多く含まれており、ビールの飲用がアルコール類の中では最も痛風発症のリスクが高い飲み物となっているのも事実です。


ちなみに蒸留酒は少し高い程度で、ワインは飲んでも痛風のリスクを高めないようです。


又、魚や肉類のプリン体は発症リスクを高めますが、野菜や豆類のプリン体はそうではありません。


食べ物以外の原因としては、精神的なストレスや水分摂取不足なども発症原因となっているようです。特に慢性的に水分摂取が不足している人は、普段から意識して水分を多めに摂るようにしなければなりません。排尿によってプリン体を体外に出すことは血中尿酸濃度を低く保つことにつながり、身近な対策といえます。


通風の症状と食生活

MENU



スポンサードリンク